お問い合わせ方法についてはこちらをクリックしてください。
Status:

Support Center

Pipedrive - Asana 統合

注意:このアクションは管理者ユーザーしか利用できません。

時には、使っているツールが異なる別のチームにあなたのチームからデータを転送したいこともあります。

仕事や生活一般のあらゆることに誰もが Pipedrive を使っていれば都合がよいのですが、仕事の種類によっては Pipedrive がいつも最適なツールだとはとても言えません。釘を打つときに必要なのはハンマーだけということもあります。*

チームの別の部分で別のツールを使った方がよい場合、たとえば Zapier を使って互いに連絡するなど、そうしたツールを入手する上でのあらゆる手間や、厄介な作業が必要になります。
しかし、別のチームが Asana を使っていれば好都合です。ぜひ Asana-Pipedrive 統合をご利用ください。

統合を可能にするには...

  • 設定 > Asana 統合 に進みます
  • そこにある Asana アカウントを認証 ボタンをクリックします。
  • 画面に表示されるステップに従います。

asana.png

Asana アカウントが連携されたら、ルールを作成する必要があります。
このルールは情報を Pipedrive から Asana に移動するトリガとして動作します。このルールに対して利用できるトリガは次の通りです。

  • ディールが成約
  • ディールが不成約
  • ディールが特定のステージに移動

情報の Pipedrive から Asana への転送をトリガするイベントをセットアップしたら、作成された Asana タスクに転送されるデータの種類を選択する必要があります。
現在、転送できる情報は...

  • ディール - タイトル
  • ディール - 価値
  • 人の詳細
  • 組織の詳細
  • ピン留めしたメモ

その情報を Asana に転送したくない場合は、ディールタイトル を除き、毎回オフに切り替えることができます。 タイトルはディールに必要なので、この情報はオフにはできません。

この変更を保存すると、ルール基準を満たす全ディールが特定の情報を使用してタスクを Asana 内に作成するので、チームはディールを効果的にフォローアップできます。 

以下のビデオはセットアッププロセスのデモンストレーションです。

 

メモ: 現在 Pipedrive - Asana 統合は 1 つのルールのみに対応しており、その方法は一つしかありません。

*あなたや同僚、友人、あるいはパブで出会った人が Pipedrive を使って釘を打った経験がおありの場合は、その証拠として動画や写真を当社にお送りください。きっと科学的知識の向上に役立ってくれることでしょう。