Talk to us
Status:

Support Center

案件 / 連絡先 / アクティビティの削除方法

注意: 本記事に記載される特定のアクションには管理者権限が必要です。詳しくはこちらをクリックしてください。

項目の削除について

  • 一般ユーザーによる案件削除を可能にするかどうかは、管理者のみが制御できます。
  • 管理者は案件、人物、組織、アクティビティを削除できます。
  • 一般ユーザーが人物または組織の削除をすることはできません。管理者のみが可能です.
  • 一般ユーザーは、管理者によって設定 > ユーザー & 許可 > 許可のところで権限を与えられた場合にのみ、案件および / またはアクティビティを削除することができます。.
  • 担当者および / 組織の削除オプションが表示されないユーザーは管理者ではありません。Pipedrive管理者に代わりにデータを削除してもらうか、自分自身が管理者となる必要があります。 詳しくはこちらをクリックしてください。
  • 案件削除のオプションが表示されない方は、その権限がないということになります。こちらから社内のPipedrive管理者に問い合わせて、この制限を取り外してもらうようにしてください:




詳細ビューでの個別項目 (人物 / 組織 / 案件) の削除



パイプラインビューで削除する案件をドラッグ&ドロップ

これで案件のみが削除されます。



アクティビティの一括削除 



フィルタリングされた案件 / 人物 / 組織リストの一括削除

フィルタリングされたリストは一括で削除が可能です。 例えば、ご自分で作成したカスタム欄で人物などをフィルタリングした場合、そのフィルター基準に合致する人物のみを削除できます。 フィルターを選択したら、左上隅にあるチェックボックスをクリックします。これで画面に表示されていないものを含むフィルター対象の全項目が選択されます。




案件 / 人物 / 組織リストからの選択項目の一括削除

リストから複数の項目を選択して、そこで選択されたもののみを削除することも可能です。