Talk to us
Status:

Support Center

Google連絡先との同期


Pipedriveには、Google連絡先をインポート・同期できる機能があり、Pipedriveアカウントに連絡先の人物を追加する双方向の同期を行います。 一方を更新すれば、他方も更新されます!

注意 - Pipedriveの連絡先をGoogle連絡先と同期するには、GoogleアカウントがPipedriveアカウントとすでに同期している必要があります。 そうなっていない場合には、こちらの記事の説明に従ってください: Googleアカウントを同期する方法.

 

PipedriveとGoogle連絡先の同期方法



  1. 設定 > 個人 > Google連絡先に進みます.
  2. Google連絡先の同期を有効化をクリックして、Pipedriveの連絡先とGoogle連絡先を同期します。すると、同期を希望する連絡先のグループを選択するオプションが表示されます。
  3. 同期するGoogle連絡先のグループを選択します。 注意 - 「連絡先」にはすべてのGoogle連絡先がインポートされます。これには、Googleアカウントに登録されているご家族や仕事と無関係の人物が含まれます。 Google内で新しいGoogle連絡先グループを作成してから、Pipedrive / 仕事関係の連絡先を同期することをお勧めしております。
  4. 保存をクリックして、Pipedriveの連絡先を選択したGoogle連絡先グループと同期します。

 

注意 - 初回の同期には、サーバーの状況により完了まで1時間程度かかることがあります。


アカウントをすでに同期させた後で、GoogleまたはPipedriveの一方に新しい連絡先を追加すると、もう一方のシステムに入力データがコピーされます。 双方のシステムの更新について心配する必要はありません。両システムとも相思相愛関係なので、互いにデータのやり取りをしてくれます。 一方を更新すれば、もう一方に反映されます。

 

Googleから人物へどのようなデータが同期されますか?

注意 - 同期を有効化すると、Pipedriveには連絡先のインスタント・メッセンジャーと実際の住所を記録するための新しいデータ欄が、人物プロフィール内に作成されます。  


Pipedriveは、Googleの以下のフィールドからデータを同期します:

  • 名前
  • 会社 / 組織
  • 電話番号
  • Eメールアドレス
  • インスタント・メッセンジャー
  • 住所 (組織ではなく、人物に関係する1件の住所に限定)

 

重要 - Pipedriveまたは Googleのカスタム欄あるいはメモは互いに同期されません

更に、Pipedrive内で同期したEメールアドレスが Gravatar プロファイルピクチャにリンクすると、これもPipedrive内の連絡先詳細に自動的に同期します。

PipedriveとGoogleで同期された連絡先の例を示します。どのデータが同期され、どのデータが同期されないかをご確認ください。(表示拡大は画像をクリック)