Talk to us
Status:

Support Center

陳腐化機能

注意: 本記事に記載される特定のアクションには管理者権限が必要です。詳しくはこちらをクリックしてください。

 

忘れないようにするために設計された陳腐化機能により、相当期間なにもされていない案件に気づくことができます。 有効化し、設定をしたら、メインパイプライン上で陳腐化しつつある案件に赤い警告がかかります。



この機能は簡単にカスタマイズが可能で、陳腐化までのお好みの日数を設定できるほか、パイプラインのステージごとに異なる期間を設定することもできます。

注意: 陳腐化機能の使用を開始するには、機能セクションにある設定で、それを有効化する必要があります。これは管理者権限でのみ実施できます。


陳腐化機能

 

陳腐化機能の設定

パイプラインステージでの陳腐化期間の決定:

  1. 設定 > パイプラインに進みます。セールスステージのカスタマイズページが開きます。
  2. パイプラインのセールスステージ名をクリックします。ステージの編集ダイアログが開きます。
  3. 案件の「陳腐化」オプションをオンにして、このステージの陳腐化機能を有効化します。
  4. アクティビティなしの日数を決定します。この期間経過後に、オプションの後の「陳腐化」表示に、案件が「陳腐化」と表示されます。
  5. 上記の例では、アイデアステージで5日間を超えて予定されたアクティビティがないすべての案件が、パイプラインビューで陳腐化と表示されます。
  6. 保存をクリックして設定を保存します。

 

次のアクティビティが遠い将来の案件が、パイプラインで陳腐化するのはなぜですか?

陳腐化機能は、次回のアクティビティ日付を考慮しません。 通常、次回のアクティビティがかなり先に設定され、案件が陳腐化する可能性がある場合には、次回のアクティビティが予定された直後に、その案件に「失注」の印をつけることをお勧めしています。 具体的な失注理由を設定できますので、後でそのような支柱案件を容易にフィルタリングできます。 案件に「失注」の印がついても、予定されたアクティビティに何ら影響はありません。 ですから、時期が到来したら、リマインダーを受け取れます。 フォローアップを行って、反応が前向きである場合には、簡単に案件を再開できます。 反応が前向きでない場合には、案件を「失注」のままにしておくことができます。 この方法でパイプラインをきれいに維持できますので、実際に動きのある案件に集中することが可能です。

 

それは陳腐化しています! どうすればいいですか? (陳腐化する案件の事例)

案件が陳腐化日付を経過したら、パイプラインビューで案件に赤い警告がかかります。案件が陳腐化していると判明した場合には、新しいアクティビティを予定して、通常の状態に戻しましょう。

注意: 案件の詳細 (カスタム欄、予定完了日、金額など) を編集することでも、陳腐化サイクルが再開され、赤い警告を回避できます。


以下の具体例をご覧ください: