Talk to us
Status:

Support Center

Eメール統合 - Eメール会話の追跡

 

Eメール統合 - Eメール会話の追跡

 

仕組み

Pipedriveの特長は、顧客とのEメール会話の追跡を行う2つの方法です。それは、双方向Eメール同期とスマートEメールBCCです。 どちらの方法を利用するかにかかわらず、Pipedriveではメッセージの送信先のEメールアドレスに基づいて、Eメール会話がどの連絡先・案件に関連するかを直感的に計算されます。 つまり、連絡先と案件の両方の詳細ビューから、すべての会話に関して明確な全体像を常に把握できます。

また、自分専用のPipedrive受信トレイがあり、ここにEメールがすべて収納され、リンク付けや共有に関して制御できるようになります。

双方向Eメール同期 (ゴールドとプラチナの価格プランでのみ利用可能))

これにより、自分の受信トレイをPipedriveと同期できます。作業を自動化したい場合はこれが最善のオプションです。以下のようなすべての主要なEメールサービスと互換性があります。

Gmail、Google Apps、Yahoo! メール、Microsoft Exchange (ActiveSync)、 Outlook.com (別名Hotmail)、iCloud (別名MobileMeまたはDotMac)、一般的なIMAPを通じて行われるあらゆるカスタムアカウント同期、AOLメール、FastMail、GandiMail、GMX、Mail.ru、Yandex.Mail、GoDaddyメール、Hover.com、Namecheap、Bluehost、Soverin、Zimbra、123-reg、126、QQ Mail、Aliyun (Alibabaグループ)、Netease 163 (中国)、Yeah.net139.com (中国)

着信・発信メールはすべて、自分のPipedriveアカウントと同期され、対応する連絡先・案件に関連付けられます。  

Eメール同期を設定する方法についてはこちらをクリックしてください。

スマートEメールBCC (すべての価格プランで利用可能)

これにより、特定のEメール会話を案件・連絡先に手動で追加できます。 送信するあらゆるEメールのBCC欄に会社のユニバーサルアドレスをコピーすることでこれを行うことができます。 顧客からのあらゆる返信は、同一のユニバーサルBCCアドレスに転送する必要があります。 この機能は、Eメールを同期せず、どのEメールをPipedriveに送信するかを個別に選択したい場合にとても便利です。

注記: 潜在顧客との混乱を防ぐために、Pipedrive Smart BCCアドレスをEメールのBCCフィールドに含めることが非常に重要です。

EメールをPipedrive内のEメールクライアントから転送する場合は、「To」アドレスには何も含めず、Smart BCC addressをBCCフィールドに含めてEメールを転送します。

Eメール設定

Eメールを追跡するのにどの方法を利用するかにかかわらず、統合の際に考慮すべき設定がいくつかあります。  

 

代替Eメールアドレスは、特にスマートEメールBCC機能において使用されます。 デフォルトでは、スマートEメールBCCアドレスを使用することを認められているのは、Pipedriveにログインするのに使用するEメールアドレスのみです。 ただし、Pipedriveにログインするのに使用するのとは別のEメールアドレスからEメールを送信する場合、代替Eメールアドレスセクション内で指定してください。  

 

この設定により、Pipedrive内の今後のすべてのEメールのデフォルトの共有設定が決まります。 これによって既存のEメールアドレス上の現在のEメール共有設定が上書きされることは一切ありません。ご希望の設定の今後のすべてのEメールへのマッピングのみ行われます。
同じ職場のPipedriveユーザーは、たとえEメールが共有可能な設定になっていても、連絡先・案件に関連付けられているEメールのみ見ることができます。  

Eメールが非公開になっている場合、自分以外は誰も、たとえ管理者であっても見ることができません。

 

 

Pipedriveでは、Eメールを適切な連絡先の人物に自動的に関連付けられます。これは、顧客のEメールアドレスを認識することで行われます。 案件への自動的なリンク付けセクションで、連絡先に対して開かれているあらゆる案件にEメールを関連付けることもできます。 連絡先の人物が、自身に対して開かれている案件を複数有している場合、Eメールをどの案件とリンクするかを選ぶことができます。