Talk to us
Status:

Support Center

フィルタリング


Pipedriveでは、フィルターを使って、案件、人物、組織に関する異なるタイプのレポートを作成できます。

当社がさらに一歩進んでクロスアイテムフィルターを構築したのは、レポートのために単一アイテムのフィールドを組み合わせることから抜け出したかったからです。 こうして、フィルターに異なるフィールドを組み合わせることが可能になり、Pipedriveで既に構築したコネクションやカスタムフィールドを十分に活用できるようになりました。


リストビュー - カスタムレポート作成と一括編集

 

どのリストをフィルターできますか?

案件、連絡先、活動、製品をフィルターできます。ビジネスの条件によって、リストを作成できます。具体例としては:

  • 南東部であなたが案件を始めて現在進行中の企業、
  • 今年あなたが新しい製品のライン (リーダーシップトレーニング) を販売した (もしくは販売しようとした) 全ての企業
  • 進行中の案件で現在特定されたステージに入っている (そのため何か追加の情報を送付できる) すべての人物、
  • あなたのデータベースでVIPカテゴリー内にいる人物で、あなたのセールスチームが今年何の案件も始められていない人物、といったようにです。
  • 予定された活動がないすべての案件。
  • 特定の組織に関連するすべての活動。

 

フィルターの作成

どうしたらこのより優れたカスタマイズ機能を使えるかを見てみましょう:

  1. 案件、人物、組織、活動、製品などでフィルターしたいリストを開きます。
  2. 何らかの目的のために、カリフォルニア州を拠点とする企業に働く人物のリストが欲しい場合には、人物のページを開いてください。
  3. 右上の隅にあるドロップダウンメニューをクリックして、フィルターのメニューを開けてください。



  4. 新しいフィルターを加えるを選択し、新しいフィルターのセットを作成してください。新しいフィルターの画面が開きます。



  5. 必要に応じて、フィルター名のフィールドにフィルターセットの名前を特定してください。
  6. 条件を加えるをクリックして、フィルタリングの条件を加えてください。
  7. 注意 「ならびに」/「または」の2種類のフィルタリング条件を作成できます:
    • 指定された条件全てに一致するようなリストが必要な場合は、画面上部にあるこれらの条件全てに一致するアイテムだけを表示するのタイトルの下で、それらの条件を指定してください。
    • 複数の条件を指定して、その条件の中の最低1つに一致するもののリストが必要であれば、画面下部にあるこれらの条件のいずれかに一致するアイテムだけを表示するのタイトルの下で、それらのフィルタリング条件を指定してください。
    • これら2つの部分を組み合わせることもできます。
  8. あなたがフィルターしたいアイテムを選択してください。 案件、活動、製品、人物、組織のフィルタリング条件に基づいて結果をフィルターできます。 アイテムに基づいて、ドロップダウンに続くフィルタリング条件が変わります。
  9. そのアイテムのフィルタリング条件と値を選択してください。
  10. ステップ4~6を繰り返して、必要なだけフィルタリング条件を追加してください。
  11. あなたのフィルターの可視性を特定してください。例えば、自分の同僚のPipedriveユーザと共有するか否かといったことです。

 


完了です!