Talk to us
Status:

Support Center

Eメールの相互同期を設定する方法

注意: 本記事に記載される特定のアクションには管理者権限が必要です。詳しくはこちらをクリックしてください。

アカウントに完全Eメール同期を設定するのは簡単です。 この機能はゴールドとプラチナのアカウントのみで使用可能なので、あなたのEメールアカウントを接続する前に、使用可能なアカウントにアップグレードする必要があります。 万が一、ゴールドやプラチナのプランが気に入らなかった場合には、いつでもシルバープランに戻ることができます。

お試し期間中にゴールドプランも無料でお試しいただけます。 プランをアップグレードすると、支払い請求の詳細に追加されますが、あなたのお試し期間が終了するまでは支払い請求されません。 お試し期間中は、シルバープランに戻ることも、サブスクリプションを取り消すことも常に可能です。

お試し期間中の使用:

まず、あなたのPipedriveアカウントをゴールドやプラチナプランにアップグレードするためには、管理者権限が必要です。 あなたが管理者でない場合は、管理者にアップグレードを行ってもらう必要があります。 詳細については、こちらの記事をご参照ください。 切り替え完了後は、あなたのアカウントの全てのユーザー (管理者ユーザーと一般ユーザーの両方) が、完全Eメール同期機能を使用できます。設定 > 個人設定 > Eメール統合に行くか、Pipedriveの画面上部にあるEメールのアイコンをクリックしてください。

サブスクリプションを購入している場合:

ここでも、あなたのPipedriveアカウントをゴールドやプラチナプランにアップグレードするためには、管理者権限が必要です。 こちらをクリックして、従来のプランから新しいゴールドやプラチナのプランにアップグレードすることに関する詳細をご覧ください。
新しいプランへの切り替え後、すぐに差額が請求されます。 切り替え完了後は、あなたのアカウントの全てのユーザー (管理者ユーザーと一般ユーザーの両方) が完全Eメール同期機能を使用できます。設定 > 個人設定 > Eメール統合に行くか、Pipedriveの画面上部にあるEメールのアイコンをクリックしてください。

ゴールド/プラチナの料金プランへの切り替え方法

あなたが管理者であれば、設定 > 支払い請求に行ってください。ここで、プランの変更を選択してください.

次に、ゴールドあるいはプラチナのプランを選択してください。 お試し期間中のユーザーの場合は、プランを選択して、支払い請求の詳細を入力しなければなりません。 サブスクリプションを購入している場合は、プランの切り替えをすれば、現在の支払い詳細に料金が請求されます。

Seat_examples.png

 

ゴールドやプラチナのプランへの切り替え後は、確認メッセージが表示され、メール設定に自動で進むので、そこでメールの同期を設定できます。 設定 > 個人設定 > Eメール統合から、Eメールの設定に行くこともできます。  

次に、アカウントの接続をクリックしてください。自動的にログインのページに行くので、あなたが同期したいEメールアドレスの認証情報を入力してください。  

接続が完了したら、最後に、Pipedriveに同期してほしいラベルとフォルダーを設定する必要があります。Pipedriveにあなたの受信トレイ全体を同期させることもできます。

どのEメールを同期するかを決定したら、同期を開始するをクリックして、同期化を完了します。 同期の機能が有効になった瞬間から、Pipedriveが過去3日以内のメールも含めた全ての着信メールの同期を開始します。つまり、最初の同期は、72時間以内の着信メールのスレッドを同期化します。

もっと古いメールを同期したいですか? その古いメールに返信するか、そのメールを転送すれば、Pipedriveがこのメールを新しいメールとして認識し、Pipedriveのアカウントに同期します。

全て完了です! これで、Eメールにアクセスでき、Eメール統合の機能を十分に活用できます。