ナレッジベース

トピック
定期的な製品を追加するにはどうすればよいですか?
スマート・ドキュメント
リスト表示
収益価値はどのように計算されますか?

この記事は機械翻訳を使用して作成されました。

Recurring products

YS
Yssel Salas, 2024年3月11日
注意: 繰り返し商品 機能は現在ベータ版であり、一部のユーザーにのみ利用可能です。後日、より多くのユーザーにリリースされます。この機能は、アドバンスおよびそれ以上のプランでのみ利用可能です。

サブスクリプションやライセンスなど、定期的に繰り返すサービスを構成し、Pipedriveの取引を通じて販売する商品の収益を自動的に見積もるための繰り返し商品機能をご利用ください。


定期的な製品を追加するにはどうすればよいですか?

Pipedriveアカウントに定期的な製品を追加するには、Pipedriveアプリの左側にある製品タブに移動し、“+ 製品”をクリックします。

その後、製品の詳細を入力し、請求の頻度を設定することができます。

既存の製品に請求の頻度を追加したい場合は、詳細ビューを開き、サイドバーの”請求頻度”フィールドにマウスをホバーし、鉛筆のアイコンをクリックします。

”一回”オプションは、請求の頻度が設定されていない製品のデフォルトのオプションとなります。ドロップダウンから頻度を選択し、変更を保存します。

取引から直接定期製品を追加するには、画面の左側のサマリー内の”+ 製品”をクリックします。

次に、製品を追加し、ドロップダウンから請求頻度を選択します。また、請求開始日や税金、割引などのその他の詳細を入力して、取引の総額を計算することもできます。

注: 請求開始日は請求期間の参照として機能しますが、直接的な収益計算には使用されません。

スマート・ドキュメント

スマート・ドキュメントを使って、定期的な製品を含む提案や見積もりを作成することができます。定期的な製品のフィールドがデフォルトの製品テーブルのプレースホルダに含まれています。

テンプレートからドキュメントを生成すると、定期的な製品のフィールドにはそれぞれの定期的な製品の情報が入力されます。

リスト表示

製品リスト表示で請求頻度と請求サイクルを見て編集することができます。

画面の右側にある歯車のアイコンをクリックし、請求頻度と請求サイクルを表示カラムに追加します。

リストビューにカラムを追加すると、フィールドにマウスをホバーして鉛筆のアイコンをクリックすることでフィールド内の値を見たり編集したりすることができます。

適切な権限を持っている場合は、製品を選択し、画面の右側にある一括編集ポップアップで値を変更することで、請求頻度を一括で編集することができます


収益価値はどのように計算されますか?

取引に定期的な製品を追加すると、予想される収益を確認できます。サマリーの横にある「収益」をクリックして、取引がもたらす収益の詳細を表示できます。

以下の表に従って計算されます:

収益価値
定義
月次繰り返し収益(MRR)
定期的な製品から期待される月次収益の金額

これには、一度の請求頻度で収益を含めません。
無制限サイクルの繰り返し製品は、デフォルトの12か月で計算されます。


年次繰り返し収益(ARR)


定期的な製品から期待される年次収益の金額
これには、一度の請求頻度で収益を含めません。
無制限サイクルの繰り返し製品は、デフォルトの12か月で計算されます。

年間契約価値(ACV)
契約(取引)の12か月間の合計金額
この金額には、一度の請求と繰り返し製品の両方が含まれます。
無制限サイクルの繰り返し製品は、デフォルトの12か月で計算されます。
総契約価値(TCV)
契約(取引)全期間の合計金額
この金額には、一度の請求と繰り返し製品の両方が含まれます。
無制限サイクルの繰り返し製品は、デフォルトの12か月で計算されます。
この記事は役に立ちましたか?

はい

いいえ

関連記事

ご質問がありますか?

お問い合わせ