お問い合わせ方法についてはこちらをクリックしてください。
Status:

Support Center

Googleカレンダーとの同期


Googleが個人および仕事生活双方の管理に優れたツールであることは誰もが知っています。 Googleカレンダーと同期することで、Pipedrive ワークフローに、Pipedrive アクティビティを Googleカレンダーを通じて可視化できるようにするなど、いくつかの利点をもたらします。

PipedriveアクティビティのGoogleカレンダーとの同期

注意: まず、GoogleアカウントがPipedriveに接続しているか確認します。 詳細は、ここをクリックします。.

PipedriveアカウントをGoogleアカウントに連携させたら、アカウントをGoogleカレンダーと同期できます:

  • 設定 > 個人 > Google カレンダーに進みます.
  • Google カレンダー同期 を有効にして Pipedrive と Google カレンダーを同期します。
  • 「以下のカレンダーと同期」領域で、目的のカレンダーをドロップダウンから選択します。

google_calendar.png

注意: 既存のGoogleカレンダーとの混乱を避けるために、Googleにご自身のPipedriveタスクカレンダーを作成することを推奨します。
別カレンダーをGoogleで作成する方法については、ここをクリックします。.

  • いずれかを選択します:
    • すべてのイベントをGoogleカレンダーとPipedrive間で同期: このオプションを選択すると、GoogleカレンダーをPipedriveに連携させたときに、PipedriveではなくGoogle Calendarから、Pipedriveアクティビティを追加する選択肢も与えられます:
      • この機能の長所は、セールス活動を追加すると同時に、アクティビティ全般を1か所で簡単に確認することができ、ダブルブッキング回避に役立ちます。
      • この機能の短所は、アクティビティを Google から Pipedrive のディール、連絡先、組織と関連付けできないところです。 その代わりに、後でディール、連絡先、組織と関連付けができる、単純でシンプルな「タスク」を見ることができます。
    • Pipedriveから追加されたイベントのみを同期。 このオプションを選択すると、Google カレンダーに何かを追加しても、Pipedriveに反映されることはありません。 その代わりに、Pipedriveにアクティビティを追加すると、Googleカレンダーのイベントとして追加されます。
      しかし、Pipedriveから追加されたアクティビティがGoogleカレンダーに反映されると、直接Googleから変更 (イベントの時間変更など) をすることができ、Pipedriveにも変更が反映されます。
  • 保存をクリックして、PipedriveをGoogle連絡先と同期します。
  • 以前から存在しているアクティビティすべてを Google と同期するには、右上隅に表示される未同期のアクティビティをアップロードボタンをクリックしてください。 これを行わない場合は、これ以降に追加されたアクティビティのみが、Google カレンダーと同期されます。

注意: Pipedriveとの同期前からのGoogleカレンダーイベントがある場合、それらのイベントはGoogleカレンダーで編集してから、Pipedriveで認識し、アカウントに同期されます。

 

どのような情報がGoogleカレンダーに追加されますか?

Pipedriveにイベントを作成すると、Googleカレンダーのイベントに自動的に追加される情報の範囲が広がります。 これについて話すよりも、実際にやってみてください!

覚えておくべきこと:

  • Google カレンダーイベントのタイトルはデフォルトにより以下の形式です:[ディールタイトル] > [人] > [組織] > [アクティビティサブジェクト].
  • 設定 > 人 > Google カレンダー で同期したアクティビティのタイトル欄の並び替えも可能です。 .
  • Google カレンダーまたは Pipedrive アクティビティのいずれかに追加された添付内容は、対応する同期アイテムには追加されません。

 

一例として、以下のアクティビティを Pipedrive に作成します。


対応する同期済 Google カレンダーのイベントはこのように見えます。
GCal_example.png