Talk to us
Status:

Support Center

Googleカレンダーとの同期


Googleが個人および仕事生活双方の管理に優れたツールであることは誰もが知っています。Googleカレンダーと同期することで、ワークフローにいくつかの利点をもたらします。

幸運にも、GoogleカレンダーとPipedriveは同期が可能で、PipedriveアクティビティをGoogleカレンダーでも閲覧することができます。

注意 - Googleカレンダーにすでに存在するイベントは、何かしら編集されない限りPipedriveに同期しません。


この機能を有効にすることで、将来のGoogleカレンダー上のイベントをすべて同期できるようになります。

一方で、すでに存在するPipedriveアクティビティは、すべてGoogleカレンダーに同期することができます。

 

PipedriveアクティビティのGoogleカレンダーとの同期

注意 - 最初に、お使いのGoogleアカウントがPipedriveに連携されていることをご確認ください。こちらから説明をご覧ください.


PipedriveアカウントをGoogleアカウントに連携させたら、アカウントをGoogleカレンダーと同期できます:

  1. 設定 > 個人 > Googleカレンダーに進みます.
  2. Googleカレンダー同期を有効にします Googleカレンダー同期を有効にして、PipedriveをGoogleカレンダーと同期します。ドロップダウンが表示され、そこでどのカレンダーをPipedriveに同期するかを選択することができます。



    注意 - Googleカレンダー上の混乱を避けるため、Googleにご自分のPipedriveタスクカレンダーを作成することを強くお勧めします。 Googleカレンダー サポートページでカレンダーの作成方法をご理解ください.

     

  3. いずれかを選択します:
    • すべてのイベントをGoogleカレンダーとPipedrive間で同期: このオプションを選択すると、GoogleカレンダーをPipedriveに連携させたときに、PipedriveではなくGoogle Calendarから、Pipedriveアクティビティを追加する選択肢も与えられます:
      • この機能の長所は、セールス活動を追加すると同時に、生活全般のアクティビティを1か所で簡単に確認することができ、イベントのダブルブッキング回避に役立ちます。
      • この機能の短所は、アクティビティをGoogleからPipedriveの案件、連絡先、組織と関連付けできないところです。 その代わりに、後で案件、連絡先、組織と関連付けができる、単純でシンプルな「タスク」を見ることができます。

    • Pipedriveから追加されたイベントのみを同期。 このオプションを選択すると、シンプルにGoogleカレンダーに何かを追加しても、Pipedriveに反映されることはありません。 その代わりに、Pipedriveにアクティビティを追加すると、Googleカレンダーのイベントとして追加されます。
      しかし、Pipedriveから追加されたアクティビティがGoogleカレンダーに反映されると、直接Googleから変更 (イベントの時間変更など) をすることができ、Pipedriveにも変更が反映されます。

  4. 保存をクリックして、PipedriveをGoogle連絡先と同期します。
  5. (オプション) 以前から存在しているアクティビティすべてをGoogleと同期するには、右上隅に表示される未同期のアクティビティをアップロードボタンをクリックしてください。これを行わない場合は、これ以降に追加されたアクティビティのみが、Googleカレンダーと同期されます。

 

バンザイ! カレンダーが同期されました!

 

どのような情報がGoogleカレンダーに追加されますか?

Pipedriveにイベントを作成すると、Googleカレンダーのイベントに自動的に追加される情報の範囲が広がります。 これについて話すよりも、実際にやってみてください!

覚えておくべきこと:

  • Googleカレンダーのイベントのタイトルは、以下の形式となります: 「案件のタイトル > 担当者 > 組織名 > アクティビティのタイトル」。
  • タイトル欄の並び替えも可能です。
  • GoogleカレンダーまたはPipedriveいずれかのアクティビティに追加された添付内容は、もう一方には追加されません。

 

具体例

例えば、以下のアクティビティをPipedriveに作成します:



Googleカレンダーでは、同じアクティビティがこのように見えます: