お問い合わせ方法についてはこちらをクリックしてください。
Status:

Support Center

Googleドライブとの同期


Googleドライブのことをご存知の方にとっては、Pipedriveのデフォルトのファイル保管システムからGoogleドライブに切り替えると数多くの利点があることは言うまでもありません。 更新が必要な際に未だにファイルまたはドキュメントのダウンロード、編集、再アップロードを繰り返している方は、クラウドドキュメント管理の素晴らしい世界へお越しください。

注意: Eメールの添付ファイルはGoogleドライブに保管されず、Pipedrive自体の保管システムをホストとします。

  Googleドライブを使用する理由  

  • 利便性:Google ドライブとの同期が有効な場合、すべてのファイルが Google ドライブに保管されるので、Pipedrive インターフェースを通じてアクセス可能です。
  • 効率性:全く同じファイルを Pipedrive で複数回リンクして、ドキュメントの最新のバージョンが常に添付されるようにできます。
  • 簡単なインライン編集:アップロードされたファイルは Google ドキュメントに変換でき、そのためファイルをダウンロードして別のソフトウェアで開くことなく閲覧・編集できます。
  • 簡単なインライン作成:新しい Google ドキュメントはインラインで生成できます。​

Googleドライブとの同期

注意: 注意 - Pipedriveの連絡先をGoogle連絡先と同期するには、GoogleアカウントがPipedriveアカウントとすでに同期している必要があります。
そうでない場合は、 ここにある手順に従ってください。

ファイルをGoogleドライブと同期するには:

  • 設定> 個人 > Google ドライブに進んで同期オプションにアクセスします。
  • Googleドライブを使用オプションではいを選択して同期機能を有効にします。
  • Pipedrive ファイルを Google ドライブの別フォルダに保存するかどうかを選択します。
  • すべての Google ドライブファイルを御社内の他の Pipedrive ユーザーと共有可能にするかどうかを選択します。

google_drive.png

注意: ファイルをアップロードする際、「共有」オプションがあることが分かります。 これにより、御社の Pipedrive 会員なら誰でもデフォルトで、Pipedrive に添付されるすべてのファイルに対する閲覧と書き込みができるようになります。
Google ドライブ自体で以下のプライバシー設定を利用することができます。

  • 閲覧のみ:自分のファイルをすべてのPipedriveユーザーが閲覧でき、編集はできない状態にしたい場合、ファイルを「閲覧可能」または「コメント可能」に設定してください。 「コメント可能」にすることで、自分のファイル上に他のユーザーがメモまたはコメントを残すことができます。
  • 非公開: 案件に添付される特定のファイルを非公開または閲覧のみにしておきたい場合、Google自体の内部で共有の許可を編集する必要があります。 この場合、ファイルはPipedrive上のファイル一覧に表示されたままになりますが、他の人は開くことができません。

新しいファイルの追加

一つのディールの 詳細ビュー の ファイルのアップロード タブに進みます。 これで、Google ドライブとの同期を可能にする前にあった「コンピューターからのアップロード」オプションだけでなく、いくつかのオプションを使用できるようになりました。

  • コンピューターから選択:ファイルをコンピューターから直接アップロードします。これによりファイルをPipedrive上に保管したままにすることも、Googleドライブに移行することもできます。
  • Google ドライブからインポート: 既に Google ドライブに存在するファイルを追加します。ファイル名を入力し、見つけたら選択するだけです!
  • 新規作成:ファイルを Google ドライブを通じて最初から作成することができ、ファイルを Pipedrive と Google ドライブ両方で同時に保存できます。

Screen_Shot_2017-10-26_at_5.17.26_PM.png

Googleドライブを通じてファイルを作成または追加した場合、ファイルをクリックするだけでPipedriveから直接ファイルを簡単に閲覧または編集できます。また、他のPipedriveユーザーによるファイルの閲覧または編集を許可することもできます。