Talk to us
Status:

Support Center

Callto構文 PipedriveからVoIP通話!

注意: 本記事に記載される特定のアクションを行うには管理者権限が必要です。詳しくはこちらをクリックしてください。

Pipedriveには、Pipedrive内で電話番号をクリックするとデフォルトになるAppを選択する機能があります。 例えば、Skypeを使用して電話をかけたり、SMSしたり、同期したり、または複数のSIPベースの電話システムを使用できます。

その仕組みは、アカウント管理者がPipedriveアカウント内でCalltoリンクに使用したいプロトコル構文を指定できるというものです。 具体例としては、いったん設定を行えば、Pipedrive内で何らかの電話番号をクリックするとその番号へのSkype通話が開始します。 以下のようになっています。



構文の設定

構文は設定 › 会社の設定 › 一般に進んで変更できます。.

注意: 構文の設定を行うことができるのは管理者のみです。



そこに電話番号リンク構文欄があります。使用したいハンドラーを入力することができ、電話番号を[number]の記号で示します。

ブラウザベースのリンクでSIPや電話のベンダーのサービスを利用する方法について詳しくは、ご利用のベンダーまでご確認ください。しかしながら、役に立つと思われる特に一般的な構文をいくつかこちらでご紹介します。

  • skype:[number]?call — Skype通話
  • skype:[number]?chat — Skype SMS
  • sip:[number]@gateway.com — SIP電話ハンドラー (詳しくはご利用のサービス事業者までご確認ください)
  • facetime://[number] — Apple FaceTime通話
  • tel:[number] — デフォルトの電話通話ハンドラー
  • callto:[number] — 一般的にSkype通話を開始するデフォルトの電話通話ハンドラー
  • sms:[number] — デフォルトのSMSハンドラー