ナレッジベース

ナレッジベース/データの整理/データフィールド/カスタムフィールド:式フィールド

トピック
式フィールドを見つける場所
動作仕組み
既存の取引に数式を追加する
再計算

この記事は機械翻訳を使用して作成されました。

カスタムフィールド:式フィールド

SR
Steven Reinartz, 2024年5月10日
注意: この機能はプロフェッショナルプラン以上でのみ利用可能です。 フォーミュラフィールドはリード/ディールのカスタムフィールドで作成されますが、ディールでのみ使用可能です。リードでは計算が利用できず、フィールドがフォーミュラを持っていても計算ができません。

フォーミュラフィールドは手動での計算に費やす時間を削減する効果的な方法です。以下に、Pipedriveでそれらを使用する方法を示します。


式フィールドを見つける場所

注意: 企業アカウントには、各々10つの式フィールドが制限されています。

新しいフィールドを作成するには、設定 > データフィールド > カスタムフィールドを追加してください。

数値と金額の2種類のフィールドに数式を適用できます。新しいフィールドを作成する際には、「取引に数式を適用」をオンにして数式を追加します。

式フィールドで使用できる入力および使用方法は次のとおりです:

シンボル
使用方法
#
数式の変数として使用されるフィールドを定義します。
#取引値*10
+ , -
値を加算または減算します
#取引トータルアクティビティ #取引完了アクティビティ
* , /
値を乗算または除算します
#取引値/100
( )
値と演算子をグループ化するために左右の括弧を使用します
(#取引値/100) #取引加重値
%
選択したフィールドのパーセンテージを使用して計算します
#取引値 10%(取引の値の10%を減算します)
注意: どの数式でも、入力フィールドの後に「#」が必要です(例: 取引値)。「#」がない場合は数式が無効になります。

動作仕組み

公式が作成された後、新規取引に公式を適用するか、新規取引および既存の取引に適用するかを選択します。

注意:選択した入力フィールドに値がある場合のみ、公式が実行されます(たとえば、取引に確率が割り当てられていない場合、このフィールドを使用する公式は計算されていませんというメッセージとともにヌル値を返します)

上記の例では、取引値を100で割ったものが公式です。取引に適用すると、次のようになります:

上の数字は取引値であり、1000です。下の数字は取引値を100で割ったもので、カスタム公式フィールドに表示されています。


既存の取引に数式を追加する

新しいかつオープンされた取引に数式を適用すると、このウィンドウが表示されます:

クリックして確認し、画面左下のウィンドウが計算が完了したことを確認します。

変更内容の要約を確認するには、詳細を表示を選択します。


再計算

フォーミュラフィールドに関する処理を再計算するには、リストビューの列や詳細ビューサイドバーの値をポイントしてから更新ボタンをクリックします。


また、一括編集ツールを使用しても可能です。リストビューから再計算するアイテムを選択し、右側のフィールドを見つけて「強制再計算」を選択するか、変更が検出されたフィールドに編集を制限するために「入力が変更された場合に再計算」を使用します。

この記事は役に立ちましたか?

はい

いいえ

関連記事

ご質問がありますか?

お問い合わせ