ナレッジベース

トピック
詳細ビューからのエクスポート
リストビューからエクスポート
「データのエクスポート」からのエクスポート
Insightsからのエクスポート
「ユーザーとアクセス」からのエクスポート

この記事は機械翻訳を使用して作成されました。

Exporting data from Pipedrive

JT
Jenny Takahara, 2024年5月29日

Pipedriveからデータをエクスポートする方法は2つあります。1つは、リストビューからさまざまなアイテム(成約、組織、人物)のデータを組み合わせて必要なレポートを作成する方法です。もう1つは、設定からそれぞれのアイテムのすべてのデータを個別にエクスポートする方法です。

CRMについての詳細はこちらをご覧ください。

CRMについてもっと学ぶ


詳細ビューからのエクスポート

注意: 詳細ビューからは取引のみをエクスポートできます。

取引の詳細ビューに移動し、右上隅にある「...」(その他) アイコン > XLS としてエクスポートをクリックします。スプレッドシートには取引の詳細および関連する個人や組織のデータが含まれます。


リストビューからエクスポート

注意: リストビューまたは詳細ビューからエクスポートするには、グローバル管理者および適切な権限セットが有効になっている通常のユーザーのみが可能です。

Pipedriveの取引、組織、その他のアイテムに関するカスタムレポートを、リストビューからエクスポートできます。まず、アイテムのリストビューに移動し、エクスポートしたい特定のデータをフィルターしてください。

たとえば、失われた取引をエクスポートするには、フィルター“All lost deals”を選択して、条件に一致する取引のみを抽出します。

フィルターができたら、リストビューカラムを編集してエクスポートしたいデータフィールドを選択します。取引、担当者、組織のフィールドから選択し、この3つのデータを組み合わせて完璧な組み合わせを取得できます。

その後、画面右上の三点をクリックし、“Export filter results”を選択します。


「データのエクスポート」からのエクスポート

注意:「エクスポートデータ」オプションを使用できるのは、フル管理者ユーザーのみ(ディールとグローバル)です。

また、「ツールとアプリ」に移動して、データをエクスポートすることもできます。データのエクスポート

エクスポートしたいデータの種類を選択し、「CSV」または「Excel」をクリックします。エクスポートファイルは「生成されたエクスポート」リストに表示されます。ファイルをダウンロードするには、「利用可能期限」列のクラウドアイコンをクリックします。

注意:ディールや連絡先にリンクされたアクティビティ、ノート、ファイルは別々にエクスポートする必要があります。
注意:Googleドライブに保存されているファイルは、グローバルエクスポートでエクスポートされず、ファイルのダウンロードURLは管理者ユーザーのみが使用できます。

Insightsからのエクスポート

Insightsツールからデータをエクスポートする方法は2つあります。

チャートのエクスポート

レポート、目標、またはダッシュボードをエクスポートするには、右上隅の「エクスポート」ドロップダウンをクリックし、使用可能なファイル形式の1つを選択します。

これにより、チャート、タイトル、および適用されたフィルターが含まれるファイルが生成されます。

スプレッドシートへのエクスポート

テーブルビューをスプレッシートとしてエクスポートできます。テーブルの上にある「エクスポート」ボタンをクリックしてください。


「ユーザーとアクセス」からのエクスポート

注意: 「ユーザーとアクセス」タブから企業のユーザーリストをエクスポートできるのは、アカウント設定アクセスを持つユーザーのみです。

ユーザーのアプリアクセスデータをエクスポートするには、ユーザーを管理 > ユーザーとアクセスに移動します。

このデータには次のものが含まれます:

  • ユーザー名
  • メール
  • 最終ログイン時間
  • 権限セット
  • 可視性グループ
この記事は役に立ちましたか?

はい

いいえ

関連記事

ご質問がありますか?

お問い合わせ