ナレッジベース

ナレッジベース/アカウント設定/会社の設定/事前定義された失敗理由を有効化するにはどう...

この記事は機械翻訳を使用して作成されました。

事前定義された失敗理由を有効化するにはどうすればよいですか?

BF
Breandan Flood, 2023年10月19日
メモ:このアクションは、ディール管理者ユーザーにのみ利用可能です。

デフォルトでは、Pipedriveは自由形式の失敗理由で運営されています。つまり、各ユーザーは、特定の取引が失敗とマークされた理由について、自分自身の理解を記述することができます。

代わりに、ユーザーが選択するための特定の予め定義された理由を設定することを希望する場合は、アカウント内でそれを有効にすることができます。そのためには、設定 > 会社設定 > 失敗理由に移動してください。

Screen_Shot_2020-08-25_at_4.21.38_PM.png

予め定義された理由を有効にするには

  • "予め定義された失敗理由を追加"ボタンをクリックします
  • アカウントに追加したい予め定義された失敗理由を入力します
  • "保存"ボタンをクリックします

保存すると、その予め定義された失敗理由が下に表示され、管理者ユーザーによってプログラムされた予め定義された失敗理由のリストと異なる場合に、フリーフォーム方式の失敗理由を提供できるようになります。

Screenshot_2020-09-01_at_11.17.55.png



予め定義された失敗理由を使用するには、Pipedriveアカウント内のディールを失敗としてマークします。
「失敗としてマークする」のプロンプトでは、入力可能なテキスト形式ではなく、失敗理由のドロップダウンセクションが表示されます。ドロップダウンプロンプトをクリックして、予め定義された失敗理由の一覧をスクロールして選択します。
予め定義された失敗理由を選択した後、追加のコメント(ある場合)を含めて、「失敗としてマークする」ボタンをクリックします。

Screenshot_2020-09-01_at_11.19.50.png

完了したら、その予め定義された失敗理由は、失敗したディールの詳細ビューに通常どおり表示されます。
これらの予め定義された失敗理由は、Pipedriveアカウントのディールタブのリストビュー進捗タブの両方で、フリーフォーム方式の失敗理由と同様に追跡することもできます。

この記事は役に立ちましたか?

はい

いいえ

関連記事

ご質問がありますか?

お問い合わせ