ナレッジベース

ナレッジベース/特徴/ワークフロー自動化/他のユーザーのために自動化を設定します

トピック
他の人と自動化を共有する
共有された自動化を有効にする
実行履歴
トラブルシューティング

この記事は機械翻訳を使用して作成されました。

他のユーザーのために自動化を設定します

YS
Yssel Salas, 2024年6月4日
注意: 自動化 の機能は、アドバンストプラン以上でのみ利用可能です。他のユーザーと自動化の共有や設定を行うには、グローバル管理者 権限を持つユーザーのみが利用可能です。この機能は現在ベータ版です。

技術は、急速に変化する世界で私たちの日常生活において重要な役割を果たしています。Pipedriveの主な目標の1つは、使いやすく直感的なツールを作成することですが、技術に詳しくない人もおり、特定の機能の設定に支援が必要な場合があります。

他のユーザーと自動化を共有するオプションは、技術に詳しい管理者が経験の浅いユーザーのために自動化を設定することで時間を節約できるようにすることを目的としています。


他の人と自動化を共有する

自動化を共有する前に、トリガー ”選択したユーザーによってトリガーされた” だけが共有可能であることを覚えておく必要があります。もしトリガーが ”誰かによってトリガーされた” に設定されている場合、全てのユーザーが含まれているため、共有は必要ありません。

会社の他のユーザーに自動化へのアクセス権を与えるには、自動化をクリックしてコンテキストビューを開きます。次に、ユーザーのセクションで”ユーザーを追加” をクリックします。

”アクセスを管理” プロンプトが表示されます。自動化を共有したいユーザーを探し、”変更を適用” をクリックします。

変更を保存すると、コンテキストビューのユーザーのセクションにアクセス権を持つユーザーのリストが表示されます。

”アクセスを管理” をクリックすると、他のユーザーを追加したり、既存のアクセスを削除したりできます。

注意: 共有された自動化のトリガー設定を 選択したユーザー から 誰でも へ変更することは、既に共有されていた場合、アクセス権があるユーザーが自動化から無効にされない限り、不可能です。

自動化リストビューでは、共有されたかどうかを確認し、有効または無効の自動化を見ることができます。 共有 アイコンには2つの数字が表示されます:

  • 最初の数字は、すでに自動化をアクティブにしたユーザーの数を示します
  • 2番目の数字は、自動化が共有されたユーザーの数を示します

共有された自動化を有効にする

自動化が他のユーザーと共有されると、それらは彼らの代わりにアクションを実行します(例:メールの送信、Slackメッセージの送信など)。加入したユーザーは、自分自身のために自動化を有効にし、将来行われる変更に同意する必要がありますが、それについては通知されません。

ユーザーが自分自身で自動化を有効にすると、ユーザーセクションでアクティブトグルが有効になります。

自動化を受け取り、有効にした一般ユーザーは、自分自身のユーザーによるワークフローと実行を表示できます。ただし、これらのアクションはグローバル管理者にのみ制限されるため、自動化を編集、転送、削除、複製することはできません。

注意: 自動化でアクションイベントとしてメールを送信することを選択した場合、アクションイベントはPipedrive経由で同期されたメールアドレスのみを使用して送信され、そのアクションは自動化が共有された人々のメールアカウントから送信されます。さらに、個人のメール署名がメール本文に追加されます。

必要に応じて、管理者は一時的または永久にユーザーを自動化から削除できます。削除が一時的な場合、通常のユーザーは再び自動化を有効にして実行を再開する必要があります。

注意: アクティブな自動化の最大数には、少なくとも1つのアクティブなサブスクリプションを持つ自動化所有者が含まれます。

実行履歴

管理者ユーザー

管理者ユーザーは共有された自動化の完全な実行履歴にアクセスできます。彼らは次のことができます:

  • ユーザーごとにフィルタリング
  • 特定のユーザーによる特定の実行を検索
  • 時間枠の選択
  • 実行の状態を確認

通常のユーザー

通常のユーザーは、自分の実行に関連するすべての情報を見ることができます。この情報には、ステータスや時間枠などが含まれます。


トラブルシューティング

自動化がアクティブ化されると、システムはワークフローが正しく構築されていることを確認するために診断を実行し、実行を妨げる問題がないことを確認します。

エラーが見つかった場合は、通知され、ワークフローを確認して有効にする必要があります。

詳細については、ページの上部にある「トラブルシューティング」をクリックしてください。

問題が解決されたら、再度診断を実行して自動化を有効にすることができます。

この記事は役に立ちましたか?

はい

いいえ

関連記事

ご質問がありますか?

お問い合わせ