ナレッジベース

ナレッジベース/特徴/ワークフロー自動化/他のユーザーのために自動化を設定する

トピック
他の人と自動化を共有する
共有オートメーションのアクティベート
実行履歴
トラブルシューティング

この記事は機械翻訳を使用して作成されました。

他のユーザーのために自動化を設定する

YS
Yssel Salas, 2024年1月25日
注:自動化機能は、アドバンスド以上のプランでのみ利用可能です。他のユーザーとの自動化の共有およびセットアップは、グローバル管理者権限が有効なユーザーにのみ利用可能です。この機能は現在ベータ版です。

テクノロジーは、急速に変化する世界で私たちの日常生活において重要な役割を果たしています。Pipedriveの主な目標は使いやすく直感的なツールを作ることですが、技術に詳しくない人々には特定の機能のセットアップに支援が必要な場合もあります。

他のユーザーとの自動化の共有オプションは、技術に詳しい管理者が経験の浅いユーザーのために自動化をセットアップすることで、時間を節約することを目的としています。


他の人と自動化を共有する

自動化を共有する前に、ただしトリガー「特定のユーザーによってトリガーされる」自動化のみ共有できることを念頭に置いてください。トリガーが「誰によってでもトリガーされる」場合は共有する必要がないため、すべてのユーザーが既に含まれています。

会社の他のユーザーに自動化へのアクセスを提供するには、自動化自体をクリックしてコンテキストビューを開きます。その後、ユーザーセクションで「ユーザーを追加」をクリックします。

以下はアクセスの管理のプロンプトです。共有したいユーザーを探して「変更を適用」をクリックしてください。

変更を保存すると、コンテキストビューのユーザーセクションには、自動化へのアクセス権を持つユーザーのリストが表示されます。

「アクセスの管理」をクリックすると、他のユーザーを追加したり、既存のユーザーからアクセス権を削除したりすることができます。

注意:共有済みの自動化にアクセス権を持つユーザーが非アクティブ化されていない限り、選択されたユーザーから誰でもへのトリガー設定を変更することはできません。

自動化リストビューでは、共有されて有効または無効になっている自動化を確認できます。共有アイコンには2つの数字が表示されます:

  • 最初の数字は、既に自動化を有効にしたユーザーの数を示します
  • 2番目の数字は、自動化が共有されたユーザーの数を示します

共有オートメーションのアクティベート

他のユーザーと共有されたオートメーションは、他のユーザーの代わりにアクションを実行します(例:メール送信、Slackメッセージ送信など)。したがって、登録ユーザーは自分自身のためにオートメーションを有効にし、将来の変更に同意する必要があります。アラートは表示されません。

ユーザーが自分の環境でオートメーションをアクティベートすると、「Activeトグルがユーザーセクションで有効になります。

オートメーションを受け取り、アクティベートした通常のユーザーは、自分自身のユーザーによるワークフローと実行を見ることができます。ただし、グローバル管理者のみが編集、移動、削除、複製のアクションを制限できます。

注意: オートメーションでメールをアクションイベントとして送信する場合、アクションイベントは、メール同期機能を介してPipedriveに同期されたメールアドレスのみを使用でき、オートメーションが共有された人々のメールアカウントから送信されます。さらに、個人のメール署名がメール本文に追加されます。

必要に応じて、管理者はユーザーを一時的または永久にオートメーションから削除することができます。一時的な場合、通常のユーザーは再びオートメーションをアクティベートする必要があり、実行を再開します。


実行履歴

管理者ユーザー

管理者ユーザーは共有された自動化の実行履歴全体にアクセスできます。彼らは以下のことができます:

  • ユーザーで絞り込む
  • 特定のユーザーによる特定の実行を探す
  • 期間を選択する
  • 実行のステータスを確認する

通常ユーザー

通常ユーザーは、ステータスや期間など、自分自身の実行に関連する情報をすべて見ることができます。


トラブルシューティング

自動化が有効化されると、システムは診断を実行して、ワークフローが正しく構築され、実行が妨げられるような問題がないことを確認します。

エラーが見つかった場合、通知され、ワークフローを確認して有効にする必要があります。

エラーの詳細については、ページの上部にある「トラブルシューティング」をクリックしてください。

問題が解決された後、診断を再実行して自動化を有効化できます。

この記事は役に立ちましたか?

はい

いいえ

関連記事

ご質問がありますか?

お問い合わせ