ナレッジベース

ナレッジベース/進捗/インサイトレポート/キャンペーンインサイト

トピック
どこで見つけるか
レポートの種類
マーケティングレポートの構造
フィルター表示
ビジュアルビルダー
表ビュー
フィールドとデータ

この記事は機械翻訳を使用して作成されました。

キャンペーンインサイト

SR
Steven Reinartz, 2024年5月29日

もしキャンペーンを使用している場合、各キャンペーンの効果を知りたいと考えるかもしれません。しかし、それは様々なことを意味する可能性があります:開封数やクリック数、送信されたメールの総数、あるいはフィルタリングを使用して最もエンゲージメントを得ているキャンペーンを見ることさえ。

キャンペーンの洞察を使用すると、それらすべてともっともっと追跡できます!


どこで見つけるか

Insightsに移動し、”+“ > 報告 > キャンペーンを選択し、利用可能なオプションのいずれかを選択してください。


レポートの種類

Campaigns Insightsでは、2つのレポートタイプを提供しています:パフォーマンスコンバージョン

パフォーマンス

注:キャンペーンのパフォーマンスレポートのデフォルトフィルターは、キャンペーン送信日 > が > 過去1か月です。

パフォーマンスレポートは、キャンペーンの配信関連データを表示します。

この例では、レポートがメールの送信日を示し、送信されたメールのオープントラッキングステータスを示す色分けがされています。

コンバージョン

注:パフォーマンスレポートとは異なり、コンバージョンレポートにはセグメント別フィールドはなく、測定単位フィールドはコンバージョンフィールドに置き換えられています。コンバージョンレポートについての詳細は、この記事を参照してください。

コンバージョンレポートは、キャンペーンの成功率に焦点を当てています。

この例では、キャンペーンメールのオープン率が、送信されたカレンダー四半期に基づいて測定されています。

注:パフォーマンスレポートとコンバージョンレポートの両方で、棒グラフ上をカバーすると、そこに表されたデータの要約を表示することができます。

マーケティングレポートの構造

キャンペーンインサイトでは、マーケティングレポートの作成を支援する3つのセクションがあります:フィルタービュー、ビジュアルビルダー 、そして テーブルビュー。

CRMマーケティングについて詳細を知る


フィルター表示

注意: カスタムフィールドはマーケティングレポートではご利用いただけません。利用可能なフィールドはすべて事前に設定されています。

フィルターを使用すると、レポートに含めたいマーケティングデータを選択できます。

新しいフィルターを作成するには"+" ボタンをクリックするか、既存のフィルターにマウスを重ねてゴミ箱 アイコンをクリックします。

注意: フィルタリングのサポートに関する情報は、この記事をご確認ください。

ビジュアルビルダー

フィルターを選択した後、データの表示方法を選択できます。

左上隅にあるグラフの種類を選択して開始できます。

さらに、データの表示方法をさらに詳細に指定するために使用できる3つのフィールド(変換レポートを作成する場合は2つ)があります:測定単位、表示方法、およびセグメント方法

測定単位

このフィールドは、データを表示するために使用される単位を定義し、柱の高さで表されます。

5つのオプションから選択できます:

フィールド名
データの表現
送信メール
送信されたメールの数
総クリック数
メール内のリンクを受信者がクリックした総数。
総オープン数
受信者によるメールの総オープン数(受信者はメールを複数回開封でき、各オープンが合計数に追加されます)。
ユニーククリック数
キャンペーンのリンクをクリックした受信者の数。各受信者がメールキャンペーンのリンクを何回クリックしたかはカウントされません。
ユニークオープン数
メールキャンペーンを開封した受信者の数。各受信者がメールを何回開封したかはカウントされません。

表示方法

このフィールドは、グラフの横軸がどのように表示されるかを決定し、列を分割するために使用されるカテゴリで表されます。

フィルター部分からのフィールドに加えて、特別な日付フィールドを使用して、キャンペーンのパフォーマンスを時間にわたって表示できます:

セグメント方法

このフィールドを使用すると、既存のフィルター内のデータを分割し、列の色で表されます。

右上隅の”...“をクリックして、表示される列の数を変更できます。


表ビュー

データをフィルタリングして可視化したら、チャート内のデータのスプレッドシートレイアウトを表示するための表ビューを見ることができます。

リストビューに似たものを表示するためにデータビューを選択するか、レポートデータの一般的な分析のためにサマリービューを選択することができます。

表示される列を変更するために歯車アイコンをクリックするか、レポートデータを含むXLSまたはCSV文書をダウンロードするために「エクスポート」をクリックします。


フィールドとデータ

Campaigns reportで使用できるさまざまなフィルタリングフィールドと、それらが表すデータのリストを以下に示します:

フィールド名
表されるデータ
キャンペーン作成者
キャンペーンを作成したPipedriveユーザーの名前
キャンペーン送信ユーザー
キャンペーンを送信したPipedriveユーザーの名前
配信ステータス

次のとおりです:

  • デリバリー済 – 受信者のメールサーバーに受け入れられました
  • バウンス – 受信者のメールサーバーに拒否されました
  • 不明 – 送信されましたが、受信者のメールサーバーからの応答がありません
メールバウンスタイプ

メールサーバーがメールをバウンスさせる理由:

  • ソフト – ソフトバウンスは、メールアドレスが正しいが、コンテンツの拒否、受信者の受信トレイがいっぱい、メールサイズが大きすぎるなどの理由で送信されなかった場合に発生します。
  • 一時バウンス – 複数回の配信試行が行われましたが、受信者のサーバーが返答しないため、配信されませんでした。
  • ハード – これらは存在しないメールアドレスで、タイプミス、間違ったドメイン、非アクティブなメールアドレスなどが原因です。
  • ブロック – メールに不適切なリンクが含まれているか、受信者がメールアドレスまたはIPをブロックリストに追加した場合に発生します。
  • デリバリー済 – メールはバウンスせずに配信されました
送信元ドメイン名
キャンペーンを送信するために使用されたドメインの名前
解約済
特定のキャンペーンで解約リンクを使用して解約した受信者
この記事は役に立ちましたか?

はい

いいえ

関連記事

ご質問がありますか?

お問い合わせ