ナレッジベース

トピック
Import2移行ツールの使用
サポートされているCRM
情報とリソースのImport2

この記事は機械翻訳を使用して作成されました。

Migrating data from a previous CRM using Import2

JT
Jenny Takahara, 2024年5月29日
注意:このアクションはグローバル管理者ユーザーのみ利用可能です。

他のCRMソリューションからPipedriveに移行する際には、既存のデータをスムーズに移行したいと思うでしょう。Pipedriveには、重い作業を引き受けてくれる第三者パートナーImport2があります。

移行にかかる時間は移行されるデータの量に依存します。移行には24時間以上の時間を割くことをお勧めし、問題が発生した場合はImport2に連絡してください。

注意:他のCRMからではなく、スプレッドシートからPipedriveにデータをインポートしたい場合、この記事で方法を学ぶことができます。
Pipedriveを始めたばかりの場合、当社の基本から始める」 Pipedriveアカデミーコースをチェックしてください。

Import2移行ツールの使用

Import2での移行を開始する前に、ユーザーが既にPipedriveアカウントに設定されていることを確認してください。移行が開始される前にユーザーが招待されておらず、パイプラインが作成されていない場合、データは移行を開始したユーザーに所有されます。

開始するには、その他 (...) > データのインポート > 他のソフトウェアからのインポート


そこから、これらの手順に従ってください:

  • 以前のソフトウェアの名前を見つけて、「インポート」ボタンをクリック
  • Import2ページから、以前のソフトウェアのログイン資格情報を提供し、「接続をテスト」をクリックしてImport2用にそれらを検証します
  • パイプラインとステージをImport2が自動的に作成し、カスタムフィールドを作成しマッピングするかどうかを含む、移行の設定を確認します
  • インポートを開始」をクリックすると、古いCRMから新しいPipedriveアカウントにデータを完全にインポートするプロセスが開始されます

Import2のステータスページには、インポートの詳細と進行状況が表示されます。移行が完了すると、Import2からレビューのための電子メール通知が送信されます。

フィールドマッピングを調整を含む、インポートの設定を変更する必要がある場合は、移行ページの「設定」タブをクリックしてください。ここから、Import2にパイプラインやステージを自動的に作成させるか、データベースのカスタムフィールドを作成するかどうかを調整することができます。また、移行のためにマッピングされるフィールドを追加または変更するには、「マッピングのカスタマイズ」をクリックできます。

設定タブで変更を行い、移行をやり直す必要がある場合は、Import2にお問い合わせして、前回の移行を取り消して再度移行を実行してもらえます。


サポートされているCRM

Import2を使用して、以下のソフトウェアから現在移行できます。

  • Act!
  • ActiveCampaign - より多くの情報をActiveCampaign代替
  • AgileCRM
  • Capsule CRM
  • Close - より多くの情報をClose CRM代替
  • Copper
  • FowCRM
  • Highrise
  • HubSpot - 比較するPipedrive vs. HubSpot
  • Insightly
  • Keap
  • Less Annoying CRM
  • Microsoft Dynamics CRM
  • Nimble
  • Nutshell
  • Onepage
  • Pipedrive (Pipedriveの会社アカウントからデータを別の会社アカウントにインポート)
  • PipelineDeals
  • Redtail CRM
  • Salesforce - 比較するPipedrive vs. Salesforce
  • Sugar CRM
  • Suite CRM
  • Wealthbox
  • Zendesk Sell - より詳細な情報はZendesk代替
  • Zoho CRM - 比較するPipedrive vs. Zoho


情報とリソースのImport2

Import2を介して別のCRMからデータをインポートする場合、以下を注意してください:

  • Import2では、10万レコードまでの無料移行およびより大きなデータベース用の有料移行が提供されています。Import2におけるレコードとは、データベース内の単一のアイテムまたはCSVファイルの行を指します。
  • Import2のインポート機能は、トライアル中および有料のPipedriveアカウントの両方で利用可能です
  • Import2は、Pipedriveアカウントごとに複数のインポートセッションをサポートしています

インポートに関する質問がある場合は、ウェブサイト上のライブチャットを通じてImport2に直接お問い合わせできます。

リソース

CRMについてさらに詳しく学びましょう

この記事は役に立ちましたか?

はい

いいえ

関連記事

ご質問がありますか?

お問い合わせ