ナレッジベース

ナレッジベース/アカウント設定/ユーザーの管理/グローバルユーザーマネジメント

トピック
アクセス権限
ディールアプリ
プロジェクトアプリ
キャンペーンアプリ
グローバル権限
アカウント設定

この記事は機械翻訳を使用して作成されました。

グローバルユーザーマネジメント

YS
Yssel Salas, 2023年10月20日

Pipedriveのグローバルユーザー管理により、ユーザーが持つアクセス権を以下の5つの特定のカテゴリにおいて制御できます:ディールアプリプロジェクトアプリキャンペーンアプリグローバル権限、およびアカウント設定


アクセス権限

アカウント内のユーザーのアクセス権限を表示するには、会社設定 > ユーザーの管理 に移動し、各ユーザーの名前の右側には、各カテゴリを示す5つのサブヘッダーが表示されます。

各カテゴリのアクセス権限は次のとおりです:

管理者権限
通常のユーザーアクセス権限
アクセス権限なし

ユーザーのアクセス権限を変更するには、ユーザーの右端にある "..." をクリックし、アクセス権限の編集を選択します。

これにより、アクセス権限パネルが開きます。ここでは、アクセス権限の割り当てや権限の編集に使用できるオプションが表示されます。

アクセスを許可するために青いチェックボックスをクリックするか、既存の権限を編集するために利用可能なドロップダウンメニューを使用できます:

必要な変更を行ったら、パネルの下部にある緑色の編集ボタンをクリックし、変更を確認します。


ディールアプリ

ディールアクセスを使用すると、Pipedriveの基本的な営業機能を利用できます。ディールにアクセスすることで、パイプライン、リード、ディール、連絡先など、関連するすべての機能にアクセスできます。ディール内では、ユーザーには表示グループと許可設定が割り当てられ、アカウントで表示および実行できる内容が制御されます。

ディールアクセスにはアカウント内の有料のシートが必要です。ディールアクセスが追加されたユーザーは、許可設定表示グループが割り当てられます。

ディールアクセスを持つユーザーは、ディールセクションとパイプライン、およびリードの受信トレイにアクセスできます。


プロジェクトアプリ

このカテゴリは、プロジェクト管理機能とそのデータへのアクセスを許可します。このカテゴリには、ディールアプリのアクセスが有効になっている必要があります。

注意:プロジェクト管理は現在、一部のユーザーによるクローズドグループでのベータテストで無償で提供されており、後日より多くのユーザーにリリースされます。ベータ期間終了後は別途のサブスクリプションが必要となります。

キャンペーンアプリ

この機能を有効にすることで、ユーザーが素晴らしいメールキャンペーンを送信できるようになります。このカテゴリにはディールアプリのアクセスが有効にされている必要があります。

注意:Pipedriveのキャンペーンは有料アドオンとして利用できます。

グローバル権限

このカテゴリは、他の共有機能(連絡先、Insights活動ワークフローオートメーションインポートなど)にアクセスする権限を付与します。これにより、製品間の統合体験が向上します。

グローバル権限は、ユーザーが少なくとも1つのアプリにアクセス権を持っている場合、自動的に適用されます。


アカウント設定

アカウント設定のアクセス権限により、企業の請求詳細、セキュリティ設定、会社の設定、ユーザー管理、個人設定の表示と編集が可能です。

注意:アカウント設定のみのユーザーはディールにアクセスできないため、ディール、リード、パイプラインなどのPipedriveの主要機能をウェブアプリで表示することができず、モバイルアプリにログインすることもできません。

ディールへのアクセスが有効になっていない場合、アカウント設定のユーザーはアカウント内で無料のシートを持つことになります。

アカウント設定のアクセス権限を持つユーザーにディールのアクセス権限を割り当てたい場合は、そのユーザーの両方のアクセスタイプを有効にしてください。ディールへのアクセス権限を追加する際は、サブスクリプションにシートが追加されることに注意してください

この記事は役に立ちましたか?

はい

いいえ

関連記事

ご質問がありますか?

お問い合わせ