Talk to us
Status:

Support Center

データの編成方法

 

案件と連絡先の追加


すべてのCRMには連絡先の情報とデータが存在します。CRMとは、この情報を使って機能するもので、まさしくCRMの特徴です。 リード、案件など、データの説明に必要な頭字語・用語がたくさんあります。 用語を知っていようがいまいが、結局のところ現実の世界では、あなたが話をすべき人物がそこにいるのです。 その人物とは、個人である場合もあり、組織の代表者である場合もあります。 ところで、私たちのCRMではどのように連絡先情報のすべてを表示し、その連絡先が対象となっているアクションやプロセスを賢く追跡するのでしょうか? Pipedriveでは、データを複数の異なるカテゴリーに分解して、このプロセスを表示します:

Pipedriveでは、データは複数のカテゴリーに分割されます。



まとめると

 -人物および組織は、電話番号やEメールアドレスなど、連絡先に関する長期の情報すべてを保有する連絡先プロフィールです。 これらの連絡先は、セールスマンと連絡先との間のやり取りを目に見える形で表現された案件にも連携させることが可能です。

  - 案件: は顧客と交わしているやり取りを目に見える形で表現したものです。 それらは、セールスパイプラインのステージを通じて追跡され、そこではセールスの開始から完了までに実行されるアクションすべてが進められ、記録されます。

  - アクティビティ: はセールスの完了に必要な予定されたタスクのことで、人物組織案件と関連付けることができます。.

  - Eメール: は人物プロフィールおよび組織さらに / またはメールを受領した人物に関連付けられた案件で追跡される通信記録です。.

 

連絡先 - 人物



連絡先は当然ながら、販売相手先の人物または組織となります。 Pipedriveでは、営業に関連するほとんどのものと同様、連絡先を入手しなければ他のことはほとんど何もできません。 連絡先はその詳細ページ内で、Pipedrive内で行われる、連絡先に関連付けられたすべてのアクションを自動的に追跡します。

後で (または同時に)、人物は自身に開かれた案件を持つことができます。その案件はその後、セールスパイプライン内で個別に追跡されます。

 

ヒント: 役職や郵送先など、追加の情報を記録する必要がある場合には、こちらをクリックしてカスタム欄の作成方法をご確認ください。.




連絡先 - 組織



組織は「データの母船」として機能します。 組織の詳細ページ内で、組織に関連するすべての人物の一覧を確認できます。また、組織に関連するあらゆる人物・案件上で行われるあらゆるメモ、アクティビティ、またはアクションも確認できます。

  • 組織は、会社ウェブサイトや所在地といった長期の情報を保有するプロフィールです。
  • 組織には複数の人物、複数の案件を含めることが可能です。
  • 組織は他の組織との関連付けが可能です。




案件



人物の組織についての話をしてきました。次に、これら連絡先を使って何をするか、セールスプロセスをどのように追跡するかについて話しましょう。

Pipedriveでは、これを案件として追跡し、そしてパイプラインを構成する一連のステージの中で追跡されます。



案件とは、セールスのクロージングに向けて行われる最初から最後までのすべてのアクションが視覚的に表現されたものです。 また、案件は、関連付けられている人物・組織からすべての連絡先情報を自動的に引き出します。

案件をクリックすると、その詳細ページが表示され、人物・組織に関するすべての情報と、案件に関するすべてのアクティビティ、Eメール、メモ、アクションを見ることができます。

  • 案件は、人物や組織に関連付けることが可能です。
  • 案件は、セールスプロセス全体で発生するすべてのイベントと動きを追跡します。
  • 案件は連絡先とつながっているため、案件上で実行するあらゆるアクションは、その案件に関連する人物・組織にも関連付けられます。

 

アクティビティ



アクティビティとは、セールスのクロージングに向けて自分が担当するあらゆるアクションを指します。 電話の通話や昼食の会合、火渡り的な儀式などでさえもあり得ます。 それが何であれ、人物・組織・案件に関連付けて予定を立てることができます。



  • アクティビティはGoogleカレンダーとの同期が可能です.
  • アクティビティを案件と関連付けることで、アクティビティはその案件に割り当てられた連絡先の人物・組織とも関連付けられます。

  
こちらをクリックして、アクティビティに関する詳細をお読みください。







Eメール



メールはその名の通りです。 Pipedriveのメールボックスには、Pipedrive内で記録を残すことを決めたすべてのEメールが格納されています。 使い方を説明すると、送付しようとしているEメールに、Pipedrive Smart BCCアドレスをBCCとしと送ると、そのEメールのコピーがPipedriveに配信されます。そこで自動的に、Eメールの送付相手であるPipedrive内の人物と関連付けられます。 その人物がPipedriveデータベースにまだ存在しない場合には、システムがPipedrive内に新しい人物を作成し、Eメール送付相手のEメールアドレスを記録します。 このようになります:


Eメール統合


メールは、Eメール統合を使って登録した人物に送付された送信Eメールを追跡します。.

  • システム内に連絡先が存在する場合には、Eメールがそれに関連付けられます。
  • 連絡先がシステム内に存在しない場合には、Eメールによって新しい人物が作成されるとともに、Eメールのスレッドがそれにリンクされます。
  • 案件がEメールを送付した連絡先向けにオープンになっている場合には、PipedriveはそのEメールのスレッドをその人物ならびにそのオープン案件に関連付けます。
    * Eメールが送られた人物向けに複数の案件がオープンとなっている場合には、Eメールを関連付けるために、Pipedriveはその人物向けにオープンとなっている案件すべてのリストを表示します。
  • 連絡先からの返信もPipedriveのメールボックスに転送することができ、Pipedriveは顧客からの返信として同一Eメールのスレッド内にそれら返信を記録します。
  • Eメールの添付は、Eメールが関連付けされた場所から入手可能で、また詳細ページのファイルタブでも入手可能です。